採用情報

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 社員紹介
  4. 刈谷工場 2014年入社

社員紹介

刈谷工場 2014年入社

刈谷工場 生産二課 コイル製作係
2014年入社

志望動機
地元の工業高校を卒業後、パソコン関係の専門学校を経て、仕事を求めて静岡の派遣会社に就職しました。しかしリーマンショックで会社がなくなってしまいました。
そんな時、知人を通じてデンコーテクノヒートの存在を知りました。
もともと、前職の派遣会社では工場系の仕事が多く、自分も応援で現場に出ることも少なくなく、いろいろな工場で作業工程をこなしてきた経験がありました。だから「ものづくり」の仕事は興味があり、会社訪問をさせていただき、仕事内容や仕事場の雰囲気などから入社を決意しました。
職場の業務内容
私の仕事は、高周波誘導加熱の処理に必要な「加熱コイル」の製作・修理です。お客様からの要望をお聞きし、その条件を満たすようコイルを設計します。その設計データから、実際に銅材やパイプなどを使い、カタチにしていきます。自社の焼入工場で使用するコイルを製作するときもあります。
1つのコイルを作るのに、今の私では、15時間~50時間ほど必要で、複数のコイルを同時進行で作る場合もあります。コイルの製作は、技術の修得に時間がかかります。自分もまだ勉強中の身なので、先輩方を見習い、より短時間で完成させたい思っています。
完成後は検査を行い、誤差の範囲内で出来ていれば製品としては合格です。しかし、職人のプライドとして、限りなく誤差の少ない製品づくりを目指しています。
職場の業務と自分の業務のやりがいについて
加熱コイルの設計・製作は、自分一人の責任で最後まで完成させる仕事です。1日中、作業机の周辺にいて、バーナーやヤスリを使ったり、学校の技術や図工の授業の延長のイメージです。プラモデル作りや木工細工が好きな人には特におすすめの仕事です。
バーナーを当てる角度や強さ、当てる時間など、コイル作りにはいくつものコツがあります。先輩の真似をしても、最初はうまくできない。何回も練習し、少しずつ課題をクリアしています。先輩も、根気よく教えてくれます。
まだキャリアが浅いこともあり、ちゃんと出来上がるか不安な時もあります。でも、完成した時、すごく嬉しいし、達成感もありますね。納期が短かったり、故障などの緊急事態の場合は急ぎで作ることもあります。そのときは「助かったよ」と感謝の言葉をいただけることもあります。
デンコーテクノヒートの魅力について
実は、入社する時に「生産管理」か「コイルの製作」かどちらかの選択肢があったんです。私は「職人っぽい仕事がしたい」と思い、コイル製作に進みました。会社の押し付けではなく、自分がやりたいことをやれる会社だと思いました。それに職場は面倒見が良くて、先輩が根気よく教えてくれます。
福利厚生がしっかりしていて、入社時には健康診断や歯科検診、インフルエンザの予防接種まで行うなど、社員の健康への気遣いも、家族的な社風の表れだと思います。あと、昼食のお弁当が安いんです!150円でお弁当が食べられるので助かっています。
いま、私の部署では私がいちばん新人なので、そろそろ私も後輩が欲しいです。元気が良くて、付き合いのいい人に来て欲しい。私のような中途採用もありますし、女性でも手先が器用な方は大歓迎です。
刈谷工場 2014年入社

一覧に戻る

このページのトップへ